修行のために飛び込んだメイドさんの世界で、大切なものを得ることができました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

メイド喫茶で勤務をしていた時の体験談は豊富にあります。

一見、煌びやかに見える世界ですが、なかなか仕事内容は体力勝負なところも多く、お客様とのコミュニケーションなど精神面でも大変でした。

私がメイド喫茶で働こうと思ったのは、制服姿が可愛らしくアイドルのような気分を味わうことが出来ると感じたからです。

その頃、ちょうどブームの真っただ中で働いている人もお客様もたくさん来ていました。

コミュニケーションがあまり得意ではなかったので、自分自身の修業のために飛び込んだ世界でもありますが、良い選択を行えました。

メイドになって人に仕えるといった仕事の基本的なノウハウを知ることが出来て、アルバイトで働きながら様々な能力を身に付けられました。

慣れるまでは話し言葉や、決められた動作などドギマギしてしまうことも多かったのですが、お客様も本物のメイドではなく素人のメイドだから楽しめるとお話をされたことがありました。

食べ物を出した後に、魔法をかけるといってセリフを言ったり定番のオムライスにキャラクターやメッセージを書いたりと上手になるまで練習をしました。

なかなか上手くいかなくても、優しいお客様ばかりだったので笑って許してくれる人・何度も注文をして練習をさせてくれる人などさまざまな対応をしてくれました。

お客様に注文されて出す料理は、どれも冷凍食品のものが多かったので、おいしいと言ってもらっても自分自身の気持ちは晴れませんでした。

衛生面のことを考えたり調理時間のことを考えたりすると仕方がないことでしたが、資格があればもっとおいしく、愛情を込めたものを提供できるのにと思ったことはあります。

メイドとして働いている中で一番緊張したのは、メイド喫茶の中で行われるイベントです。メイド同士で、音楽に合わせてダンスを行ったのは懐かしい思い出になっています。

狭いステージの中で振り付けを間違えずに行うことは、練習の繰り返しで向上させられました。

先輩から目を付けられないように、仕事が終わった後に同期の子に練習に付き合ってもらうこともしばしばありました。

テンポの速い曲や、誰かと対になって行うポーズなど今でも覚えています。

お客様の指名で、一緒に写真を撮影したりサインを書いたりとしなければいけないことも多くあっという間に時間は経ちました。

お気に入りになっていただけると、指名料をもらうことが出来てお給料アップにつながりました。

その反面、ずっと付きっきりで接客を行わなければいけないので、相手が話をすることを覚えていなければいけなかったり距離が近くても我慢しなくてはいけなかったりと困るところもありました。

今となってはその時に撮影した写真が残っていたら少し恥ずかしいと思ってしまいますが、良い思い出です。

結局、会社が倒産するまではメイド喫茶で働いていたのですが、ブームが過ぎると続けていくことは難しかったということがすぐにわかりました。

私は学生の間のアルバイトだったので、時間はたくさんあったため、ほとんどの時間をメイド喫茶勤務に使っていました。

倒産で終えてしまったメイド喫茶のアルバイト店員でしたが、他のお店に移ることはしませんでした。

ここにいたメンバーが好きだったことや、これからの時代の変化を考えると続けていられませんでした。

ここではお客様が来ない時は、メイド同士で裏で話をしていて良かったのでワイワイと学校の休み時間のような感じで楽しみました。

休憩時間には、同じメイドさんと一緒にアニメや漫画といったように好きな話で盛り上がれるところが良かったです。

一緒に同人活動を行えるような仲間が出来たり、ここでしか話せないような話題で盛り上がったりと楽しい時間でした。

自分が好きな服装をして、楽しい時間を過ごしながらお金を稼うことが出来る良い環境でした。

仲良く仕事をすることが出来ていましたが、店長が男性だったので、メイドの中で取り合いになっていることは面白かったです。

お客様とそういった恋仲に発展するところはあまりなかったようですが、ご主人様として来られるお客様によっては金払いが良い人を見つけるために指名をしてもらおうと必死なメイドもいました。

化粧やアクセサリーによって、大きくスタイルが異なるのでさまざまなメイドを見ることが出来るところが良かったです。

メイドによっても、なった経緯がそれぞれ異なるので、勉強になることが多かったように感じています。

メイドになって良かったと思ったところは、さまざまな業種の人や年代が異なる人、女性も遊びに来てくれるのでコミュニケーション能力が上がるところは良かったです。

人を元気にさせられる力が自分の中にあるという自信が、今の自分を励ますことに繋がっています。

メイドを通じて今の自分がありますが、丁寧な接客を心がけて仕事を楽しむといった大切なものを得ることが出来ました。数が減って来てしまっている職種ではありますが、おすすめの職種です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク